http://kenko.countrylife.shop

バナナ 健康 記事一覧 食品

バナナの効能

投稿日:

バナナには整腸作用・花粉症を予防する効果・生活習慣病を予防する効果・免疫力を高める効果・効率的なエネルギー補給に役立つ効果があることがわかります。

青いバナナは整腸作用が強く、熟したバナナは生活習慣病予防や免疫力アップに役立つなど、バナナの熟度によっても狙える効果が違いますので、何に目的を置いて食べるかによってバナナを選ぶようにしましょう。

また、ヨーグルトや牛乳と合わせるなど、さらに効果的な食べ方もありますので、ぜひ試してみてくださいね。

バナナの高い整腸作用

より整腸作用を得たいのなら!ヨーグルトと合わせよう

バナナの整腸作用で便秘解消!

バナナで便秘を解消したいのなら、よく熟したバナナよりも青いバナナを食べる方が効果的なんです。なぜかというと、青いバナナにはレジスタントスターチと呼ばれる消化されにくい性質を持つデンプンが多く含まれているからです。

整腸作用による嬉しい効果、バナナでダイエットも!

バナナにはダイエット効果を高める成分も含まれています。バナナに含まれる以下のようなビタミンB群は、脂肪の燃焼を助ける作用を持っています。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸

また、バナナに含まれるカリウムはむくみを取ってくれるので、見た目として細く見えるという効果もあります。

バナナは花粉症を抑制する!

花粉症の症状と言われれば、鼻水や目のかゆみを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。もちろんそれも花粉症の代表的な症状で、それだけでも大変なのは想像がつきます。なかたクリニックによると、花粉症の主な症状は以下の通りです。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ
  • 目の充血

花粉症は、花粉が飛散する間はずっと続きます。花粉は数カ月にわたって飛散しますから、その間ずっと不快な症状が続くわけです。

集中力が落ちてしまったりなど、花粉症の影響で仕事や学業に悪影響が出ることもあります。そこで役立つのが、バナナです。

バナナに含まれるポリフェノールで生活習慣病予防もできる!

バナナに含まれるポリフェノールには、フィトケミカル(ファイトケミカルと呼ばれることもあります)という成分が含まれているのですが、その効果で生活習慣病まで予防できると言われています。

複数の糖質が含まれるバナナで効果的なエネルギー補給

スポーツ選手がバナナを食べることはよく知られていますが、なぜ数ある食品の中からバナナが選ばれるのかというと、それにはきちんとした理由があります。それは、バナナには複数の糖質が含まれていて、とても効果的にエネルギー補給をすることができるからです。

バナナは脳にエネルギーを供給してくれる!

アミノ酸の一種のトリプトファンなど、バナナに含まれる栄養素には、セロトニンという物質を合成する元となるものがあります。このセロトニンには、以下のような働きがあります。

  • 脳が活発に働くようにする
  • 集中力を高くする

ということは、朝食にバナナを食べると学校や職場などで集中しやすくなるということですね。また、夜カロリーの高い物を食べるのは心配でも、バナナは栄養価が高いのに低カロリーという嬉しい果物でもあるので、受験生の夜食としても活躍してくれるんですよ。

バナナに含まれる成分はスポーツにも役立つ!

バナナには消化されやすい糖質から消化されにくい糖質まで複数の糖質が含まれているので、すぐに効果を得つつもその効果を持続させなければいけないスポーツの現場でのエネルギー供給に役立っています。

より整腸作用を得たいのなら!ヨーグルトと合わせよう

バナナの効果的な食べ方の一つに、朝食にバナナとヨーグルトを合わせて食べるという方法があります。

バナナには先ほどもお話したように二種類の食物繊維がバランスよく含まれていますし、ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。そのため、バナナとヨーグルトを一緒に摂ることで、相乗効果によって整腸作用をさらに高めることができるのです。

さらに、バナナにはマグネシウムが含まれているのですが、マグネシウムにはカルシウムの働きや吸収を助ける作用があります。ヨーグルトにはカルシウムも豊富に含まれていますので、バナナとヨーグルトを合わせて摂ることで骨の形成が促進され、骨粗鬆症の予防にもなります。

ヨーグルトは酸味が強い食べ物ですが、それに甘みがあるバナナを合わせることで食べやすくなるという嬉しい効果もあるんですよ。

冷凍バナナに意外な効果!ポリフェノールの量が増加する!?

実は、とても簡単な方法でバナナのポリフェノールの量を増加させることができます。それが、冷凍バナナにすることです。冷凍するだけで、ポリフェノールの量が2倍になると言いますから驚きです。

そのまま食べても美味しいですし、スムージーとしてミキサーにかけて食べるのもいいですね。

牛乳とバナナ、豆乳とバナナの相乗効果

バナナは、牛乳や豆乳と合わせて摂っても効果的です。

先ほど、バナナにはトリプトファンが含まれることを確認しましたが、牛乳にもトリプトファンが含まれています。トリプトファンの効果はビタミンB6と結び付くことによって高まるのですが、バナナには豊富にビタミンB6が含まれているので、よりトリプトファンの効果を高めることができます。

その結果、セロトニンがしっかり合成され、頭にエネルギーがしっかり供給されます。バナナだけでも効果があるところに、牛乳を合わせることでさらに効果を高めるわけですね。

豆乳とバナナを合わせると、栄養はしっかり摂った上でダイエット効果が得られます。豆乳には大豆サポニンという成分が含まれていますが、これが脂肪を吸収しにくくするのと共に、脂肪の消化や分解も助けます。

-バナナ, 健康, 記事一覧, 食品
-

Copyright© 健康が一番 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.